ひらきなおり日記

ロスジェネのライフ

今更だけど、SIMフリーがヤバい!と再認識した話

それは偶然の出会いだった。つい先日、ヴェトナムへ一人旅に行ったときのこと。

いつもだったらグローバルWi-Fiを空港でレンタルするところをすっかり忘れて搭乗口へ。飛行機に乗る前に携帯を切ろうとした瞬間思い出した。でも、もう遅い。すでに、若干、宙を浮いている。「仕方ない…プリペイドSIM買うか~」

 

SIMフリーは国内より海外のほうが、ありがたみがすごい

ラッキーなことに私は5、6年前からSIMフリー携帯。無駄な料金携帯、2年縛りがイヤすぎて、SIMフリー解禁になったとき3年目に突入したばっかりだったけど、速攻で機種変した。それでも海外でプリペイドSIMを買わずにわざわざグローバルWi-Fiを借りていたのは、空港やスーパー・コンビニでSIMの売店を探すのが面倒だったから。

だが、しかし。今回の旅で思い知った。今までなんでこんな便利なものを利用していなかったのか…!と。

しぶしぶ空港のSIM屋で10日間のプリペイドSIMを購入したが、その途端、

(以下、メリットです↓)

●ホテルやカフェでフリーWi-Fiを探す必要がない。
●グローバルWi-Fiとちがって充電を気にしなくてよい。
●地元のキャリアを使用しているため電波が入りやすい。
●何より荷物にならない!
●日頃使っている携帯に差し込めばいいだけ。

しかも、プリペイドだと10日間まるっと使用できる。1日いくらという計算じゃないので、ヨーロッパや南米、北米、アフリカ大陸を旅するときは、グローバルWi-Fiより断然良い。

 

「やっぱ、高城剛すげぇー」と思い知らされた

いつか、高城剛の旅支度の本「LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―」に書いてあったことを思い出した。彼は、ナノSIMの流通が少ないころからSIMフリー携帯でプリペイドSIMを使い倒すことを推奨していた。

ハイパーはメディアの域を超えてたんだね…

 

もうiPhoneじゃなくてもいい、Androidでも使える

キャリアを使っている人も、よく海外に行くならSIMフリー対応の携帯を1台もっておくべき。別にiPhoneじゃなくても、海外で大量にスマホ動画を観なければ、安価やSIMフリーAndroidで事足りる。しかも、アジア圏はiPhoneよりAndroidの方が主流だし。

 

 

実は現地よりも日本で買った方が安かったりする

今回いろいろ調べてみた結果、な、な、な、なんと日本のAmazonで旅先のプリペイドSIMを購入できることが判明。しかも現地で買うより安い

(これを興奮気味に友人にいったところ「え?今更??知ってるよ」とあっさり言われた…)

いろいろ調べていたところ、ヨーロッパ〇ヵ国、アジア〇ヵ国、アメリカとエリアがざっくりなのもいい!トランスファーで1ヵ国立ち寄りした場合でも使える可能性が高まる。(グローバルWi-Fiは国ごとに申請)

 

日本は国内プリペイドSIMを強く推すべき

今回のことで思ったのが、海外は日本に比べてフリーWi-Fiのエリアが多いけれど、結局個人Wi-Fiがあったほうがいいってこと(安心という点で)。

逆に海外から日本に来た旅行者は、絶対プリペイドSIMを必要とするよね。先進国でこんなにWi-Fiが通ってない国も珍しい。

…で、国内のプリペイドSIMを検索してみたところ、どれも高い!2,000円とか3,000円とか。。

https://pmall.gpoint.co.jp/g-ranking/ranking.php?themeid=30340

各キャリア会社の通話料が問題になってるけれどそれが影響しているのかな、この高さは。

とりあえず、オリンピックまでに国内のプリペイドSIMも見直す必要があるよね…もう少し安くすればかなりの経済効果が見込まれる商材だと思うんだけどな~