ひらきなおり日記

ロスジェネのライフ

救急病院で

次の日、早速病院に行きました。

 

救急車で運ばれているときに「常用しているお薬ありますか-?」って救急隊の人に尋ねられたのですが、「飲んでません」と回答。

救急病院に運ばれているときに「常用しているお薬ありますか-?」って看護師さんに尋ねられたのですが、「飲んでません」と回答。

 

マネージャーが待合室で待機したのを確認し、ドクターに「飲んでます」と答えた。

 

「〇〇〇〇です、抗うつ薬です」

 

絶対に会社の人に聞かれては困る。すぐに休職勧められても、生活あるし。

 

薬飲んでて気分が安定して、しょっちゅう不機嫌になったり、みんなの前で沈んだりして困らせてないじゃない(←ていうか、倒れたけど)

 

、というわけで、このことは絶対に誰にも言っていない。

確かに周りには結構休職者がいて、休職してもそれなりに給料は支払われる。でも、ずっと休んでても逆に不安にならないのかなって…不安になるんだったら、自分の居心地のいい、というか安心するところを行ったり来たりするのがサイコーなんだけどな…って。

 

初めて病院に行ったとき、ドクターには休職だけはしたくない、ということを願い出た。そこで、会社に行きながら様子を見ようということになった。

 

あれから3年…

 

すごい効くな、この薬!

 

複数飲んでいる訳じゃないけれど、気持ちが安定すると言いますか、飲んでいなかった頃の自分だったら無駄に凹んでいたこともスルーするようになった!あはは

…ちょっと躁な文体が気になりますね。

 

まぁ、そんなこんなで通院していた病院の先生に「倒れましたー」と言ったら、「脳波の検査に行って!今から予約するから」

とタイミングよく空いてる脳波検査専門の病院を見つけてもらい、すぐにそこに向かいましたとさ。

 

次回につづく。